読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タタミさんのブログ

お笑い好きの一般人です。宜しくお願い致します。台本を書いたり、大喜利をやったりします。Twitter→@ptnks8

議事録3

 

会長Twitterでエロ絵をUPするとき褐色差分も用意するのは有能絵師の証なのよ!」

副会長「セリフ有り無し差分は必須ね」

庶務「受け手の分際で偉そうだなおい」

会長「あぁ~、聞こえる~、聞こえるぞ~」

会計「きゅ、急にどうしたんです?」

会長「生徒たちの声が聞こえるぞ~」

庶務「お、生徒会への意見があったんですか?」

会長「聞こえる~『このおっぱいで生徒会長は無理でしょ』という声が聞こえる~」

庶務「多分幻聴だよ。あんたそこまで大きくないだろ」

書記「副会長さんくらい巨乳になってから言わねーとなー」

会長「失礼だな!物は考えようだ!」

会計「か、考えよう・・・・・・ですか?」

会長「確かに私は巨乳と言われる程ではない!しかし会計のように貧乳というわけでもない!」

会計「ひぅ!さりげなくdisられたですぅ・・・・・・」

会長「私と書記は並乳といったところかな」

副会長「平均的ということかしらね」

会長「しかーし!これが牛丼屋だとしよう!庶務よ、大盛りを頼んで思ったより量が少なかったらどう思う?」

庶務「え?そりゃ、ちょっとがっかりしますよ」

会長「だろう!?では、並盛りを頼んで、思ったより量が多かったらどうだ?」

庶務「嬉しいですね」

会長「テンション上がるだろう?」

庶務「あがりますね」

会長「興奮するだろう」

庶務「まぁ気分は高まりますね」

会長「ふっ!そういうことだ!」

庶務「どういうこと!?」

会長「だーかーら!確かに私は巨乳ではなく、並乳だ!しかし並の中でも大きい方だから、よりお得感が味わえるということだ!その点では巨乳より優れているといえる!」

庶務「た、たしかに・・・・・・物は考えようですね」

副会長「じゃあ庶務くん、質問です。思ったより量のある並盛りと、思ったより量のある大盛り。どっちが食べたいかしら?」タユンッ

庶務「副会長です」

会長「おい!牛丼の話だったろう!?いつの間にか特定の個人の話になってるぞ!」

会計「じゃ、じゃあですね、思ったより量の少ない小盛りはどうですかっ!?」

庶務「えっと、それは、つまり、その・・・・・・頼んだのに空の皿しか出てこなかったということでいいのかな?」ジーッ

会計「無じゃないですかっ!?そんなにまじまじと見ないでください!見るモノがないですけど!」

書記「いるよなー。無乳なのに下着はいっちょ前に着けてるやつ。着ける必要ねーだろ」

会計「わたしには皿を持つ資格すらないとっ!?」

庶務「会計ちゃん、安心して。立体視だと浮き上がって、ちゃんとあるように見えるから」

会計「相手に技術を要するお胸ってなんなんでしょうね!?」

副会長「実際浮き上がってるのはブラなのよねぇ」

会計「いじめですかこれぇ!?えぇ浮いてますともっ!小さすぎてブラがばがばですよっ!上からの視線をガードするのに必死ですよっ!」

会長「・・・・・・レーズン」ボソッ

会計「はぁい偏見いただきましたぁー!貧乳=レーズン乳首の方程式ですねぇー!?これテストに出ますからねぇー!?ちゃんとノートに書いておいてくださいねぇー!?」

庶務「ちょっ!?会計ちゃんが壊れた!?」

副会長「あんまりコンプレックスをいじっちゃだめね」

会計「うぅ・・・・・・しくしく・・・・・・まだまだこれから成長するはずですぅ・・・・・・」バタリ

副会長「するといいわね・・・・・・。まぁでも『このおっぱいで○○は無理でしょ』ってフレーズ流行ったわよねぇ」

会長「そうだな。しかし、男のバージョンもあっていいと思うのだが」

書記「『このち〇ち〇で○○は無理でしょ』ってことか?」

庶務「伏字が多すぎてわけわかんねぇな。だいたいあそこの大きさが、物事に支障きたすことなんてあんまないからね」

書記「こんなのどうだ?『このち〇ちんでカットモデルは無理でしょ』」

庶務「できるだろ!下半身関係ねぇし!」

書記「チ〇毛のカットモデルな」

庶務「どこに需要があるんだよそれ!?」

会長「シンプルに『このちん〇んでAV男優は無理でしょ』とかな」

庶務「うわっ!なんかすげぇ馬鹿にされてる感じする!男だと小さい方で言われてる感じしますね」

副会長「ほんとねぇ。おっぱいだと大きすぎてって意味合いなのに。性別が変わるだけで逆転するなんて」

会長「ほんっと、日本語ってぇ~、奥が深いなぁ~」

書記「ほんとだなー」

会長「あははは~」

書記「あははー」

副会長「うふふふふ」

会長「今日の会議はこれにて閉経っ!」

庶務「なんも話し合いしてねぇ!」

~会議終了~