読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タタミさんのブログ

お笑い好きの一般人です。宜しくお願い致します。台本を書いたり、大喜利をやったりします。Twitter→@ptnks8

漫才台本その13「金の斧銀の斧」

ツ「世の中懐かしいこといっぱいあるけど、子どものころ読んだ金の斧銀の斧って懐かしいよね」

ボ「それな」

ツ「よぉーし、今日も木を切るぞー、カーンカーン、あ!斧を湖に落としてしまった!」

ボ「ぶくぶくぶく、私は湖の女神。あなたが落としたのは、この金の斧ですか?それともこの銀の斧ですか?」

ツ「僕が落としたのは――」

ボ「正直に答えたほうがいいですよ!今の私なら、人ひとり、簡単に殺せるぞ☆」

ツ「怖い怖い怖い!斧持ってるやつが言っていいセリフじゃねぇよ!物騒が過ぎるわ!やりなおして!」

ツ「カーンカーン、あ!斧を湖に落としてしまった!」

ボ「にょきにょきにょき!」

ツ「待て待て!音がおかしいだろ!なんか湖から生えてきてるみたいだろ」

ボ「にょきにょきでいかせてよ!」

ツ「変だろそれじゃあ。ぶくぶくぶくで良かったじゃん」

ボ「それだと現在進行形で太ってるみたいじゃん!」

ツ「気にしすぎだよ!誰も思わないよそんなこと!ぶくぶくで出て来い!」

ツ「カーンカーン、あ!斧を湖に落としてしまった!」

ボ「ぶくぶくぶく、あなたが落としたのは、この金の斧ですか?それともこの銀の斧ですか?」

ツ「僕が落としたのは、普通の斧です」

ボ「普通の斧、を落とされた方は、3の、ボタンを、押してください」

ツ「お客様サービスセンター!事務的な対応するな!やりなおせ!」

ツ「カーンカーン、あ!斧を湖に落としてしまった!」

ボ「ぶくぶくぶく、あなた、金の斧にする?銀の斧にする?それとも、あ・た・し?」

ツ「新妻か!新婚ほやほやみたいなノリやめろ!僕が落としたのは普通の斧だ!」

ボ「あなたは正直者ですね。そんなあなたには、このシュノーケルをあげましょう」

ツ「え・・・・・・自分で取りに行けと!?潜って取りに行けってことか!?持ってきてくれよ!そんな不親切な女神ヤだわ!やりなおして!」

ツ「カーンカーン、あ!斧を湖に落としてしまった!」

ボ「ぶくぶくぶく、あなたが落としたのは、この金の斧ですか?それともこの銀の斧ですか?」

ツ「僕が落としたのは、普通の斧です」

ボ「あなたは正直者ですね。そんなあなたには、このイボ付き軍手をあげましょう」

ツ「え・・・・・・次から気をつけろと!?手を滑らさないように!?普通に斧を返してくれよ!やりなおし!」

ツ「カーンカーン、あ!斧を湖に落としてしまった!」

ボ「ぶくぶくぶく、あなたが落としたのは、この金の斧ですか?それともこの銀の斧ですか?」

ツ「僕が落としたのは、普通の斧です」

ボ「あなたは常時着物ですね」

ツ「常時着物ではないよ!落語家か僕は!正直者だよ!」

ボ「正直者のあなたには、座布団一枚あげましょう」

ツ「まだ勘違いしてるよねぇ!落語家じゃないから僕!いいから鉄の斧を返してくれ!」

ボ「えぇ~、どうしよっかなぁ~」

ツ「しぶるなよそこで」

ボ「・・・・・・女神様かわいー」ボソ

ツ「は?」

ボ「女神様かわいー」ボソ

ツ「言えと?おだてろと?言えば返してくれんだな?女神様かわいー」

ボ「女神様スタイルいいー」ボソ

ツ「楽しいかおい?この時間楽しいか女神さんよぉ?」

ボ「女神様スタイルいいー」ボソ

ツ「・・・・・・女神様スタイルいいー」

ボ「女神様品があるー」ボソ

ツ「・・・・・・女神様品があるー」

ボ「ふふっ・・・・・・知ってる!ぶくぶくぶく」

ツ「帰るなぁーーーー!!もういいよ」