読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タタミさんのブログ

お笑い好きの一般人です。宜しくお願い致します。台本を書いたり、大喜利をやったりします。Twitter→@ptnks8

漫才台本その8「ラーメン屋」

ボ「俺将来ラーメン屋で働きたいんだよね」

ツ「いい夢だね」

ボ「だからちょっと練習に付き合ってよ」

ツ「お客さんやればいいのね」

ツ「こんなとこにラーメン屋さんがある。入ってみよ。ガラガラガラ」

ボ「いらっしゃいま・・・お客さん、店内でうがいはやめてもらえますか?」

ツ「してねぇわ。戸を開けるときのガラガラだよ」

ボ「失礼しました。何名様ですか?」

ツ「一人」

ボ「二階の宴会席ご案内します」

ツ「なんの嫌がらせだよ。場所もてあますわ。カウンターでいいよ」

ボ「カウンター席お座りください」

ツ「はいはい」

ボ「ご注文は?」

ツ「じゃあ、まず餃子一人前」

ボ「かしこまりました、オーダー餃子1!」

ツ「あと、チャーハンセットで」

ボ「あの~、すみません、チャーハンセットの方はですね、チャーハンがついてくるんですけどよろしかったですか?」

ツ「だから頼んだんだよ!知らずに頼んでるわけねぇだろ」

ボ「すみません。オーダーチャーハン1!セットのラーメンの種類は?」

ツ「じゃあ醤油ラーメン」

ボ「オーダー丸〇ゃん正麺1!」

ツ「インスタントなのお前んとこ!?思いっきり丸ちゃ〇正麺って聞こえたけど?」

ボ「自家製です」

ツ「だよな。よかったわ」

ボ「ラーメンのこだわりはありますか?細くしたりできますよ」

ツ「あー、麺を?」

ボ「ウエストを」

ツ「誰のだよ」

ボ「お客さんの」

ツ「できるもんならやってみろよ」

ボ「もちろん麺も細くできますよ」

ツ「太くもできんの?」

ボ「できますよ」

ツ「じゃあ太くしといて」

ボ「かしこまりました(低音ボイス)」

ツ「誰が声野太くしろって言った。麺を!太麺にしといてくれ」

ボ「太麺ですね。ニンニクはお入れしてよろしかったですか?水に」

ツ「水に入れるんじゃねぇよ!ヤダよニンニクの水。ラーメンに入れといてくれ」

ボ「あとねぎの量なんですけど。少な目、普通、多め、致死量から選べます」

ツ「最後のなんだ。致死量のねぎってどんだけ入れるんだよ。多めで」

ボ「ねぎ多めで。あと麺なんですけど。やわらかめ、普通、かため、りょうめ」

ツ「最後意味違ってんじゃねぇか。目の数になってんだろ。堅さを堅めにしといて」

ボ「堅めですね。あと一味唐辛子は?」

ツ「抜いといて。辛いの苦手なんだよ」

ボ「一味抜きで。あと調理時に、手が抜けるんですけど」

ツ「それは抜くな!全力で作れよ」

ボ「かしこまりました。セットのチャーハンは、食後にお出しすればいいですか?」

ツ「一緒に出せよ。一緒に食うんだから。」

ボ「一緒に食べるんですか?じゃああらかじめ混ぜときますね」

ツ「やめろやめろ!交互に食うってことだよ!」

ボ「胃に入ればいっしょかなって」

ツ「合理主義やめろ。分けて持ってこい」

ボ「ご注文は以上で?」

ツ「以上で」

ボ「それではご注文繰り返させていただきます。日〇ラ王醬油味がおひとつ」

ツ「やっぱりインスタントじゃねぇか。もういいよ」